乳首が見えるコミック/た行/て/でぃすぱっち

でぃすぱっち


[作/画:こばやしひよこ 掲載誌:講談社/アッパーズ 単行本:全2巻 区分:青年雑誌]

女刑事・霧島アツコが活躍する刑事アクション。巻数は少ない物のサービスてんこ盛り。特に1巻の公開ストリップ&フェラで晒し者にされるシーンは漫画史に残るんじゃないかと言うくらいエロいです。

1巻


非協力的な参考人に色仕掛けで協力を得ようと試みるアツコ。ジャケットを脱ぎ胸の谷間を意識させ・・・
dispache101.jpg

椅子に腰掛けると靴を脱ぎ足を上げ始める。ミニスカートの奥でチラチラとパンティを覗かせ・・・
dispache102.jpg

机の上に脚を載せ大股開きの格好になるアツコ。パンティが丸見えに。
dispache103.jpg

パンツを見せつけてすっかり興奮してしまう参考人。
dispache104.jpg

更にパンツ丸出しで迫るアツコ。
dispache105.jpg

シャワーを浴びるアツコとくみこ。
dispache106.jpg

シャワー室へ入ってきた耕平に全裸のまま報告を要求するアツコ。
dispache107.jpg



強盗殺人犯、矢守年男を追跡する霧島アツコ。矢守は逃走中に偶然でくわした立花さんを人質に取り、集まる野次馬の面前でストリップを強要します。
dispache108.jpg

矢守のとんでもない要求に、一瞬頬を赤らめるアツコ。
dispache109.jpg

しかし多少頬は赤らんでいるものの、ブラ程度なら見られてもどうということはないのか、勢い良く上着とシャツを脱ぎます。セクシーな黒のレースブラです。定番ですが、いかにも大人の下着という感じでいいですね。観客はアツコのストリップを映画の撮影だと勘違いしています。しかしアツコが本物の刑事だと知っていたとしても、同じようにアツコのストリップを期待する台詞が出ていたことでしょう。こんな超美人刑事の衆人環視ストリップなんてお目にかかる機会なんてまずないのですから…。
dispache110.jpg

スカートを脱ぐアツコ。段々と恥じらいが込み上げてきているようです。『好色そうな視線で自分を見つめる野次馬』を見るのが恥ずかしいのか、目を瞑ってスカートを脱ぎます。パンツはブラとお揃いの黒レースです。
dispache111.jpg

ついに下着姿に。野次馬の「おおおおおお」という歓声もアツコの羞恥心を煽ってるのでしょう、ここでも恥ずかしそうに目を瞑っています。かなり気丈そうなアツコですが、やはり衆人環視のシチュエーションで肌を晒すのは恥ずかしいようです…。「私は女性である前に刑事なのよ」と中嶋に女を捨てているかのような発言をしてますが、どうやら女であることを捨て切れていないようです。
dispache112.jpg

矢守に下着も脱ぎ、全裸になるように強要されるアツコ。汗をかき、若干歯を食いしばり、焦りと戸惑いがうかがえます。もう完全にアツコの『女としての感情』が表にでてきてしまってますね。
dispache113.jpg

重ねて恥ずかしい行為を強要する矢守を睨みつけるアツコの目は何かを決意したかのように見えます。
dispache114.jpg

遂にブラを脱ぎ始めるアツコ。ホックと肩紐を外します。目は瞑っているものの、開き直ったのか汗一つ浮かべていません。この精神的な強さもまたたまりませんね。矢守はかなり興奮しているようです
dispache115.jpg

胸を抱えるようにしてブラを外すアツコ。乳輪が見えてしまっています。そして遂にブラを完全に外し、地面に投げ捨てます。
dispache116.jpg

遂に衆人環視にその爆乳を完全に晒すアツコ。キリっと歯を食いしばり恥辱に耐えながらも、両腕を後ろにまわし爆乳を隠さないのが気丈で素晴らしいですね。でかめのしゃぶりやすそうな乳首がたまりません。
dispache117.jpg

ブラがハズされ剥き出しになったアツコの爆乳に見入る野次馬達。矢守の視線は最後に残った一枚に・・・
dispache118.jpg

そして遂にパンツまでも脱ぎ始めます…。2コマ目の時点でおそらくアツコのまん毛も見えてしまっていることでしょう。野次馬の「オオッ」という歓声は、アツコのまん毛を拝んだ感嘆によるものかもしれません。
dispache119.jpg

野次馬の「も…も少しで見える!」「たまんねえって」という台詞がいいですね。もう少しで超美人刑事のおまんこが見れる…。見ている方としてはまさにたまらない心境でしょう…。ここにきて頬に汗をかき、パンツを脱がそうとする手が止まってしまうアツコ。目を瞑って自分の置かれている状況を見ないようにしていたものの、1コマ目の野次馬の台詞で『これから自分は衆人環視の中でおまんこを晒すんだ…』と改めて自覚させられ、躊躇しているのでしょう。爆乳を晒し、パンツを脱ぎ始めるまでは開き直っていたものの、ここにきてまた恥じらいがでてきてしまっています。羞恥心を煽った観客グッジョブ!!と言わざるを得ません。
dispache120.jpg

最も好きなページの一つです。217ページで羞恥心を呼び覚まされてしまったアツコ。1コマ目で脱ぐか脱がざるか迷い、2コマ目で恥辱と屈辱、或いは卑劣な矢守に対する怒りで歯を食いしばり、3コマ目で遂に全て脱ぐことを決心…。といった感じで、アツコの『女としての感情の変化と葛藤』が現れていて素晴らしいです。4コマ目で遂に、再び開き直り勢い良くパンツを下ろします。
dispache121.jpg

ついに黒いパンティが細い足首から引き抜かれ、足下に投げ捨てられてしまいます。これで正真正銘の完全な全裸に!
dispache122.jpg

遂に、衆人環視の中で全裸を晒すアツコ。気丈にも、爆乳もおまんこもまるで隠そうとしていません。アツコに男はいないようですが、それでもしっかりとまん毛のケアをしているのか、アツコのまん毛は恥丘にしか生えていないようで、おまんこの割れ目が丸見えです。野次馬の歓声がありますが、間違いなく「すっげえ…。刑事さんのおまんこ丸見えだぜ!!」と言う奴がいるはずです。そんな歓声もあってか、アツコは開き直ってはいるものの恥ずかしそうに目を瞑っています。
dispache123.jpg

興奮した矢守は人質にズボンのチャックを下ろさせようとしますが、全裸にされて女性としての尊厳を踏みにじられたアツコが刑事としてのプライドを失わない為に、その行為の身代わりを申し出ます。
dispache124.jpg

ゆっくりと矢守のズボンのチャックを下ろすアツコ。この時点で矢守のチンポが勃起しているのがハッキリと意識させられた筈です。
dispache125.jpg

全裸にされただけでは終わらず、更にフェラまで強要されるアツコ。自ら矢守のズボンのチャックを下ろし、既にギンギンに勃起している矢守のちんぽを取り出します。矢守はかなりの巨根のようです。1コマ目のアツコの心情は、刑事としての正義感を宿し、恥じらいを忘れようとしているようにも見えます。
dispache126.jpg

さあいよいよこの漫画最高の見せ場が始まります。遂に矢守のちんぽをしゃぶり始めるアツコ…。なんと、両腕を後ろにまわされ、自らの手錠で拘束されてしまっています…。人質を取られ、衆人環視の中ストリップを強要され全裸になり…犯人を拘束するための手錠で刑事である自分が犯人に拘束され…更にはその犯人のちんぽをフェラチオさせられる…。正義が犯罪に、女が男に完全に屈服する構図…。肉体的に交わってはいないものの、刑事としての、そして女としてのアツコは完全にレイプされたと言っても過言ではないでしょう。これほどの恥辱、屈辱シチュエーションはそうそうありません。素晴らしい!!
dispache127.jpg

初公開、アツコのフェラ顔。頬を赤らめ、全身に汗をかいています。矢守のちんぽを取り出す時までは刑事としての使命に燃え、まるで恥ずかしがるような様子はなかったのですが…。やはり、いざ衆人環視の中で公開フェラとなると羞恥心が込み上げてきてしまったようです。自らの手錠で拘束されるという状況と、矢守に命令されてか、股を開いた体制がより一層アツコの羞恥心を高めているのかもしれません。アツコは舌を突き出し、しっかりと矢守のちんぽの裏筋に舌をそえているようです。アツコの横から見ている野次馬は、矢守の裏筋をなぞるアツコのいやらしい舌の動きがばっちり見えたはずです。しかしこの舌の突き出し具合といい、やはり本気でフェラしてるように思えます…。
dispache128.jpg

(シャンファ萌え : 2007/04/12(木) 21:14:37)

巻末おまけページのアツコ。
dispache129.jpg
  
手錠を掛けられ服を破られたアツコのエロ拘束イラスト。
dispache130.jpg

2巻


2巻最初のページでいきなりアツコのフェラ顔です。キリっと上向きだった眉もすっかり垂れ下がり、最早完全に『女の顔』になってしまっています。息苦しくなったのか、或いは疲れたのか…アツコは矢守のちんぽを口から抜いてしまいます。矢守の裏筋にそえられていた舌からは、見切れている矢守の亀頭に向けて糸を引き、口からは溢れ出た涎がだらしなく垂れています。おそらく、矢守のちんぽに糸を引くほどねっとりと絡みつき、口から溢れ出すほどにたっぷりと口内に唾液をため、まんべんなく矢守のちんぽに唾液をまぶす『じゅるフェラ』をしていたのではないでしょうか…。フェラ中はさぞかし「じゅぷっ」「じゅぼっ」といやらしい音をさせていたことでしょう…。やはりこのアツコの公開フェラは本気のようです…。
dispache217.jpg

矢守の蹴りを受けて仰向けに倒れ込んでしまうアツコ。恥部を隠すことなくさらけ出すアツコの痴態に更に興奮する矢守。
dispache218.jpgdispache219.jpg

全裸後ろ手錠姿で矢守の一瞬の隙を突くアツコ!
dispache220.jpg

脚を頭上高く上げオッピロゲ状態になる。ワザとオマンコをバッチリ見せつける事でスキを突く作戦なのか!
dispache221.jpg

モロ見えのオマンコはやはり囮で、本命である下からの蹴りで矢守にキンタマ蹴りを喰らわすアツコ。
dispache222.jpg

見事矢守を取り押さえたアツコはどこも隠す事が出来ない後ろ手錠の全裸姿のまま拍手喝采を浴びるのだった。
dispache223.jpg

この事件の直後、アツコは中嶋に「矢守という男にとってあの時私は…」「私は…ただの女にすぎなかった」と語っています。刑事という仕事を前に、女であることを捨てていたアツコがこの事件によってやはり自分が女である、ということを自覚させられてしまったことは明白です。人質を取った犯罪者の卑劣な命令に従い、衆人環視の中、好色な野次馬と犯人の視線に犯されながら全裸を晒し…犯人を拘束するための手錠で自らを拘束され…強制的な状況であるとはいえ、自らの意思で犯人のモノをしゃぶることになり、素のアツコがいかに男に奉仕するのかを大勢の男達に知られてしまう…。警察が犯罪者に、正義が犯罪に、そして女が男に完全に屈服する構図。刑事といえども、男から見れば性欲を満たすための対象に過ぎないことを思い知らされ、アツコの刑事としてのプライドをズタボロに引き裂く、最高の恥辱、屈辱のシチュエーションです。言うなればアツコの心を犯す、精神的なレイプでしょう。これほど興奮するシチュエーションは他では見たことがありません。シチュエーション的にも素晴らしいのですが、アツコが全裸になるまでの心の葛藤や、開き直った後にまた羞恥心が込み上げてきたりと、アツコの心の動きがしっかり描かれているのもいいですね。
(シャンファ萌え : 2007/04/12(木) 21:14:37)

アツコがレイプされた・・・と勘違いしての妄想。
dispache2_05.jpg

連続殺人犯に捕らえられ昏睡させられた北条くみ子。
dispache2_06.jpg

乳房を揉まれブラを外されるくみ子・・・
dispache2_07.jpg

意識を失ったまま悪戯されオッパイを露わにされ・・・
dispache2_08.jpg

スカートも捲り上げられ・・・
dispache2_09.jpg

全裸にされたくみ子。
dispache2_11.jpg

連続殺人犯の前に立ちはだかるアツコ。襲いかかる犯人にブラウスとブラを引きちぎられオッパイがこぼれ出る。
dispache2_12.jpg

巨乳を隠しもせずに犯人に見せつけるアツコ。
dispache2_13.jpg

自ら完全にブラも外して両方の乳房を見せる。
dispache2_14.jpg

アツコのエロいカラダに辛抱しきれなくなった犯人がすがりつき、巨乳を思うさま揉みまくるのだった。
dispache2_15.jpg

後ろから巨乳を揉みまくり、ズボンも下ろしてパンティをおまんこに思いっきり食い込ませる。
dispache2_16.jpg

アツコのエロサービスイラスト。
dispache2_02.jpg

その2
dispache2_03.jpg

北条くみ子のエロサービスイラスト。
dispache2_04.jpg

  • 最終更新:2013-09-04 17:27:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード